ブランド一覧
・新着更新情報
・アイテム/カテゴリ一覧
・レザージャケット
・ミリタリージャケット
・ジャケット/アウター
・デニムジャケット/カバーオール
・テーラードジャケット
・ベスト
・スウェット/ニット
・長袖シャツ
・半袖シャツ
・長袖Teeシャツ
・半袖Teeシャツ
・ミリタリーパンツ
・ワークパンツ
・ジーンズ
・カーキトラウザース(チノパンツ)
・スウェットパンツ
・ショートパンツ
・オーバーオール/オールインワン
・腕時計/時計
・アクセサリー/小物
・キャップ/ハット
・バッグ
・財布
・ベルト
・ブーツ/スニーカー
・ヘルメット
・メンテナンスアイテム
・ご予約商品
・セール

予約の依頼について 裾上げの依頼について サイズの見方・測り方

2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

◎スリーエイト 世田谷
東京都世田谷区桜3-16-6
スリーエイトビル 1F
TEL&FAX:03-3426-2627
営業時間:12:00〜20:00
定休日:水曜日
世田谷地図

 
LEVI'S-XX

〜 LEVI'S-XX VINTAGE CLOTHING " 501" の魅力 〜

性別・年齢問わず世界中で、カジュアルウェアとして
穿かれているジーンズ。

現在では、世界中に多くのデニムブランドがあります。

そんなジーンズブランドの元祖であり、ジーンズを世に
送り出したブランド。

それが、Levi's (リーバイス)社です。

現在では、アーカイブスのラインは世界標準規格として当店でも
取り扱いのある LEVI'S-XX(リーバイス)VINTAGE CLOTHING が
製造・販売をしております。

ヴィンテージラインのジーンズについては、Made in U.S.A. となっています。

先日、Youtube を観ていたらLEVI'S-XX(リーバイス)VINTAGE CLOTHING関連で
こちらの動画を発見いたしました。




保管する膨大な量の貴重なオリジナルを基に、いかに復刻し製品化しているのか?
その生産背景を垣間見えることが出来る動画です。


Levi's のジーンズの大きな特徴の1つが、バックポケットに入るアーキュエイトステッチ。

このアーキュエイトステッチにより、一目で他社製品との見分けがつく。
そういった理由から施された理由だと聞いています。

その為、商標登録がなされる前は各社こぞってバックポケットにアーキュエイトステッチを
入れていたそうです。

こういった逸話からも、当時の人気の高さをうかがい知ることが出来ます。

このアーキュエイトステッチは、年代により微妙にデザインが変わっています。


・33年モデル
Levi's1-3.gifワーク色が色濃く残る太めのストレートシルエットが特徴的な、33年モデル。

バックシンチ&サスペンダーボタンとベルトループが両方付いたモデル。

ワーク色が強い強いデザインながら、ベルトを使って、穿かれるようになってきた時代背景をうかがいしる事が出来るディテールです。


中央のクロスがなく、不均一なデザインのアーキュエイトステッチが入ります。








・44年モデル
Levi's1-3.gif こちらは、腰回りにゆとりを持たせたやや太めのストレートシルエットが
特徴的な、44(大戦)モデル。

フロント部分のドーナツボタンとトップの月桂樹ボタン等、各部のパーツの
統一化が図られた、物資統制時代の時代背景を感じるモデル。


もはや説明不要、物資統制によりペンキで描かれたアーキュエイトステッチが
入っています。








・47年モデル
Levi's1-3.gif こちらは、物資統制明けのやや細身のストレートシルエットの47年モデル。

大戦明けに、改めてLevi's (リーバイス)社オリジナル規格にて製作された
モデル。

501の中でも、最もベーシックで完成度が高いと言われる47年モデル。
様々なレプリカ系ブランドでも、基軸モデルとして復刻されることが
多いモデルです。


このころから、現在のイメージに近い、中央でクロスしたアーキュエイト
ステッチが採用されるようになったようです





・54年モデル
Levi's1-3.gif こちらは、やや細身のシルエットで、ひざ下から裾にかけてテーパードが
入ったシルエットのストレートシルエットの54年モデル。

初のフロントZIPモデルの501です。
ファッション性の高い、細身のテーパードシルエットが特徴のモデル。












・55年モデル
Levi's1-3.gif こちらは、やや太めのストレートシルエットの55年モデル。

アメリカンカジュアルウェア の隆盛期を代表するモデル。
このモデルから、バックラベルにペーパーパッチが採用される。
 












・66年モデル
Levi's1-3.gif 最後は、個人的にも1番好きなやや細身でテーパードの入ったストレート
シルエットの66年モデル。

都会的なテーパードシルエットで、ロールアップも映える66モデル。
47年モデルと同様に、様々なレプリカ系ブランドでも、復刻されることが
多いモデルです。


浅めのアーチを描く、アーキュエイトステッチが入ります。







このようにシルエットだけでなく、その年代ごとに細かな仕様も
少しづつ年代に合わせて変更されている501。

バックラベルのデザインや赤タグのデザイン等、書き始めるとキリがないくらいに
それぞれの年代のモデルは特徴的なディテールを持っています。


もう一つの大きな他社との違いはサイズ表記についてです。

Levi's Size

Lee(リー)やWrangler(ラングラー)のジーンズは、WASH後に
表記のサイズになるのに対し、Levi's(リーバイス)のジーンズは
製品の状態(未洗い)の状態が表記のサイズとなっています。

その為、サイズ:32をウォッシュした場合約1〜2インチの詰まりが
発生し、実際には31〜30インチくらいのサイズになります。
※その為、他社の製品よりもやや大きめのサイズが目安になります。

これは、シュリンク・トゥ・フィット / 詰まることによりそれぞれの身体に
フィットするというLevi's(リーバイス) 独特の考え方によるものです。


最後に、
今まで書いてきた"501"なぜ、501という品番が付けられたのでしょうか。

それは、当時様々な物には1〜5 のランク(等級)が付けられており、その1番上の
第5ランクの01品番。

そこから501という品番になったと言われています。
また、501の後に入るXXの表記は(エキストラ・エキシード)=最高品質という
意味だそうです。

つまり501XXとは、当時の最高ランクで最高品質のアイテムであるという意味になります。
当時の製作者達の自信と誇りが感じられる話ですね。

過去には、ジーンズの丈夫さをうたったこんなCMもあったようです。
 

改めて、ジーンズの原点に立ち返り501の魅力を再確認して頂ければと思います。

→LEVI'S-XX(リーバイス)VINTAGE CLOTHING のアイテムはこちらから。