ブランド一覧
・新着更新情報
・アイテム/カテゴリ一覧
・レザージャケット
・ミリタリージャケット
・ジャケット/アウター
・デニムジャケット/カバーオール
・テーラードジャケット
・ベスト
・スウェット/ニット
・長袖シャツ
・半袖シャツ
・長袖Teeシャツ
・半袖Teeシャツ
・ミリタリーパンツ
・ワークパンツ
・ジーンズ
・カーキトラウザース(チノパンツ)
・スウェットパンツ
・ショートパンツ
・オーバーオール/オールインワン
・腕時計/時計
・アクセサリー/小物
・キャップ/ハット
・バッグ
・財布
・ベルト
・ブーツ/スニーカー
・ヘルメット
・メンテナンスアイテム
・ご予約商品
・セール

予約の依頼について 裾上げの依頼について サイズの見方・測り方

2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

◎スリーエイト 世田谷
東京都世田谷区桜3-16-6
スリーエイトビル 1F
TEL&FAX:03-3426-2627
営業時間:12:00〜20:00
定休日:水曜日
世田谷地図

 

〜ジャケット の メンテナンス〜


 

●INFORMATION(インフォメーション)

フライトジャケット メンテナンス_001.gif お気に入りのジャケットと長く付き合い、あなただけの個性的な一着に仕上げるためにアフターケアの基本を"コットン&ナイロン"と"レザー"そして、“シープ”の三つに分けて解説致します。あまり神経質にならずに下記の注意事項をお守りくだされば、最高のコンディションが保てるでしょう!

 

●Cotton & Nylon (コットン&ナイロン)


※ 当店で取り扱いの、The REAL McCOY'S/THE FEW等のレプリカ・ヴィンテージ フライトジャケットには、丸洗いの洗濯や乾燥機、ドライクリーニングはお勧めできません。本物に忠実であるために多くの天然素材を使用しているためです。
洗 濯や乾燥機などの使用により著しく変化し、全体のフォルムを損なう恐れがあります。(襟のムートン、中綿のウールパイル、アルパカモヘア、袖、裾、襟の ウールリブ、革製の各パーツなどに水を通したり熱を加えると縮みや変形をきたし易い素材を縫い合わせているため。)また、空軍フライトジャケットのシンボ ルであるAIR FORCEマークを熱転写によって圧着している製品もあり、ドライクリーニングにより薄くなったり完全に消えてしまう恐れがありますので、ご注意ください。これは実物同様の特殊インクを使用しているためです。
 尚、著しく汚れた場合は中性洗剤を水で薄め布に染み込ませて拭き取って頂くのが最良の方法です。その場合も色ムラになる恐れがありますので、一度目立たない場所でお試しになるなど充分ご注意ください。

CAUTION !! 
 ジャケットによってはメインラベルに"DRY CLEAN ONLY"と表示してある製品もありますが(復刻した実物モデルのラベルを忠実に再現しているため)上記したようにお勧めできません。また、故意に汚した り中古風に加工することは、故障の原因となりますので絶対にお止めください!

 

●Leather (レザー)


★着用の前に。
 シーズン前の時期のレザージャケットのレザーが、乾いていないかチェックしてあげます。
乾いていた場合には、乾いた柔らかい布で全体のほこりを落としてからオイルを入れてあげます。
そして、陰干しをしてから余分な油分をふき取ってあげましょう。

★シーズン中。
 着 用されていれば神経質になることはありません。汚れや埃が気になれば布や柔らかいブラシで払ってください。革製品にとって大敵なのは脂切れと湿気です。脂 切れは革の繊維の硬化を招き、革切れが生じます。良質の革用オイルやクリームを少量、手のひらや布に付け革全体に薄く塗り延ばします。着古した風合いを楽 しみたい方はオイルを控えるのも良いでしょう。革製のジャケットは着ているだけで人体から分泌する脂分がまわります。最も効果的なメンテナンスは貴方自身 が着用している事です。裏地が汗などで汚れた場合はカビが発生しないように通気性の良い場所に保管してください。雨に濡れた場合は、水気を充分に吸い取り 形を整えて通気性の良い場所で陰干ししてください。
 革はなめされる際に油脂分を与えられていますが、水分が乾くときに油脂分を持ち去ってしまいますので、完全に乾ききる前に通常よりやや多目のオイルを与えてください。その後余分なオイルは乾いた布で拭き取ってください。

★シーズンオフ。

 シーズンオフの保管は型くずれを防止するために太目のハンガーに吊るします。埃や湿気を避けるために乾いたタオル等をかけて、防虫、防湿剤などを用いると効果的です。時々は取り出してカビやニットの虫食いなどをチェックしてください。

●Sheep (シープ)
 
 基本的には、レザーのお手入れと同様ですが、シープスキンの場合は表面にコーティングが施されているためオイルをほとんど
受け付けてくれません。しかしながら、ほったらかしではレザーがもろくなってしまうのでタイミングを見てオイルを入れてあげた方が良さそうです。ノンコーティングの場合には、汚れが付きやすいのが特徴である。ノンコーティングの場合には、汚れも1つの
経年変化(アジ)であるため、汚れを神経質に気にする方は少ないとは思います。しかしながら、軽い汚れの場合には、柔らかい毛質のブラシにて優しくブラッシングしてあげると汚れが目立たなくなる場合があります。

 ムートン部分の汚れが気になる場合には、人間用のシャンプーを蒸しタオルに少量染み込ませ汚れを拭いてあげましょう。この時に、洗濯用洗剤は、ムートンへの刺激が強い為NGみたいです。汚れを落とした後は、蒸しタオルで残ったシャンプーを念入りにふき取ってあげましょう。シャンプーが残らないように注意!
 
※はじめは、目立たない所で変色などが無いか確認してから行ってあげるのがベストでしょう。 

 

●クリーニングについて!


フライトジャケット メンテナンス_002.gif※ クリーニング店と事前に相談した上で信頼できるお店をお選びください。ただし、クリーニングに関しては年月経過による革独特の風合いを全く違ったものに変 化させてしまう恐れがあります。また、マークやペイント等への影響も少なくありませんので、それらをご承知の上で依頼してください!

※当時と同じ製法で作られた貴重なジャケットと永く付き合っていくには、ジャケットに合ったメンテナンスグッズをセレクトしアフターケアをすることが重要です。
 
※当店で取り扱いの、The REAL McCOY'S/THE FEW等のレプリカ・ヴィンテージ フライトジャケットは、モデルによっては手に入れたくても既に入手不可能や入手困難なモデルが数多く有ります。きっと貴方だけのオリジナルジャケットのように味わい深く変化し手放せない相棒となってくれるでしょう。




●当店でご購入のジャケットは、当店でアフターサービスをお受けさせていただけます!
※アフターサービスのご要望は、当店でご購入の商品に限らせていただきます。
※今回ご紹介した方法は、あくまで一例です。目立たないところでお試しになってから、
 お客様ご自身のご判断で行ってください。